天宮光啓「心の悩み相談」

● 仏教とは

 

 仏教とは、釈尊(仏陀:ブッタ)によって開かれた教えをいいます。約二千五百年程前のインドにおいて誕生しました。

 

 仏陀とは真理を悟った者の意です。つまり、仏教とは仏陀の説いた教え、または仏陀になるための教えです。

 

 歴史をひもとけば紀元前500年頃に北インドでゴータマ・シッダールタ (釈尊) を開祖とする原始仏教団が誕生し、後に多くの分派に分れました。紀元前後には、より実践的な大乗仏教が興起しました。

 

 特に、インドの地は広大なため、釈尊が直接伝道教化に訪れた場所は一部の地域に限られました。しかし、釈尊の入滅後に国家統一を樹立したアショーカ王の篤い保護や、弟子たちの尽力により仏教はインド全域に発展的に広がっていきました。

 

 アショーカ王の時代には、保守的な傾向を持つ上座部系統と、他方、進歩的系統を持つといわれる大衆部系統とに分かれる「根本分裂」が起こります。そして、その後の仏教における大乗仏教と上座部仏教という二大潮流を生み出すきっかけとなりました。大きく分けると、前者がインド・西域・中国・朝鮮・日本へと伝承され「北伝仏教」として、後者がインド・スリランカ・タイ・ビルマ(現ミャンマー)へと伝播された「南伝仏教」としてそれぞれの地で息づいています。

 

 なお、仏教が他の諸宗教と比較して、際立っている特色を端的に述べるとすれば、それは「仏教は釈尊の大いなる悟り(大悟成道:だいごじょうどう)に基づいて説き明かされたという独自性(真理の発見)や、、その大悟に至るプロセスと大悟を会得した境地が如実に示されている点」、「仏教ではすべてのものに仏となる種子(仏性)が備わっていると説かれている点」が挙げられます。つまりこの世の真理を、それぞれの内に秘められた仏性に気づき、開花させる努力を積むことで、誰しもが仏になれる(成仏)、幸せになれるという点です。

 

 合掌

 

仏教記事一覧

四苦八苦

 四苦八苦(しくはっく) この世には人それぞれに、たくさんの苦しみがあり、さまざまな悩みがある。 人間のあらゆる苦しみを「四苦八苦」(しくはっく)という。四苦とは、「生老病死(しょうろうびょうし)」のこと。人間として逃れられない必然的な苦しみ。 そして、八苦が、前述の生老病死の四苦に、「愛別離苦:あ...

≫続きを読む

 

六波羅蜜

 六波羅蜜(ろくはらみつ) 布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧の六つをいう。迷いの此の岸から、さとりの彼の岸へと渡ることができるので、六度ともいう。 布施(ふせ)は、分け与えることを、惜しみの心を退けることをいう。持戒(じかい)は日々の行いを正しくし、戒律をよく守ること。忍辱(にんにく)は怒りや憎し...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読
ホーム やさしい瞑想法 天宮光啓's Ound インスタグラム ブログ お問い合わせ